オリゴ糖は乳酸菌のエサ?この2つは一体なにがどう違うの?

オリゴ糖⑥
オリゴ糖、乳酸菌、ビフィズス菌・・・・
便秘がちな人や美肌を求める人の間では、どれも、腸内環境を整えてくれると有名ですね。また、これらを活用したサプリメントなども多く販売されています。

オリゴ糖が乳酸菌のエサになる?
オリゴ糖と乳酸菌の違いは何?
この2つについて考えてみましょう。


オリゴ糖は乳酸菌のエサ?

オリゴ糖が腸内の有益菌であるビフィズス菌を増やす役割を持っているというのはご存知かと思います。ビフィズス菌は数ある腸内細菌の中でも、人間の腸内に一番多く存在している菌です。

オリゴ糖の摂取でビフィズス菌は増殖しますが、乳酸菌はどうなのでしょう。乳酸菌は数で言えばビフィズス菌よりも少ないのですが、有益菌である事は同じです。オリゴ糖と一緒に摂取する事で、腸内の様々な善玉菌を増やす働きがあります。

ですから、オリゴ糖が乳酸菌のエサになると言っても間違いではありません。というより、オリゴ糖も乳酸菌も同じプロバイオティクスです。プロバイオティクスとは、私達の健康増進に役立つ機能性のある素材のことです。

オリゴ糖は乳酸菌を含む食品と一緒に摂ることで、もともと腸内に存在する乳酸菌やビフィズス菌をより増やして整腸作用を促します。またオリゴ糖は絶対に善玉菌のエサにしかなりません。


オリゴ糖と乳酸菌の違いは何なの?

オリゴ糖は糖の一種ですから、菌のような生き物ではありません。
乳酸菌は菌の一種です。
そこが一番の違いです。

乳酸菌は体内では約1週間ほどしか生きられません。腸内で増えたり死滅したりを繰り返しています。なので、減った分はどうしても補っていくことになります。乳酸菌は毎日摂取した方が良いことになりますね。

オリゴ糖はもともと生き物ではないので、熱や酸に弱いという事はありません。腸まできちんと届いて役目を果たしてくれます。ただ、オリゴ糖にも乳酸菌にも種類が沢山あるので、相性があるようです。

しかしどんなオリゴ糖がどんな乳酸菌とタッグを組むかなんて、体内の事は誰にも分かりませんよね。ですから、出来るだけ多くの種類のオリゴ糖と乳酸菌を組み合わせて摂取することが望まれます。


まとめ

オリゴ糖と乳酸菌は、どちらも人間の身体には必要なものという事が分かりました。最近、便通が気になる、肌が荒れ始めた・・・・

身に覚えのある方は、特に注意してくださいね。善玉菌を減らさないように、これらを毎日上手に摂取していくことが大切です。



このページの先頭へ